>>M.I.D. 2020サマープロモーション!9月30日まで対象製品のご購入でハイエンドケーブルを無償バンドル!

TRIGGER2 ライセンスアップグレード手順について - Q&A SLATE AUDIO

TRIGGER2 ライセンスアップグレード手順について


2020年6月にSLATE AUDIO TRIGGER2(旧 Slate Digital Trigger)の最新版(Mac 2.1.0 / Win 2.2.0)がリリースされ、同時にiLokライセンスのアップグレードがアナウンスされました。
新しいiLokライセンスではiLokドングルキーによるアクティベーションに加えて、iLokライセンスマネージャーによるマシーンIDオーソライズにも対応します。

最新版のTRIGGER2は現在iLokで利用されているライセンスでは起動することができませんので、TRIGGER2をアップデートされる場合はライセンスのアップグレードを行なう必要があります。
既に全てのTIGGER2ユーザーのiLokアカウントには新しいTRIGGER2ライセンスがデポジットされていますので、iLokライセンスマネージャーにログインし該当のライセンスをお手持ちのiLokかコンピューターにダウンロードしてご利用下さい。






TRIGGER2の日本国内正規ユーザーであるにも関わらず新しいライセンスがAvairableタブにデポジットされていないという場合は、以下の手順でメーカーに新しいライセンスのリクエストを行なって下さい。

STEVEN SLATE DRUMSサポートページを開きます。
https://stevenslatedrums.zendesk.com/hc/en-us/requests/new

以下のように入力します。



Descriptionの欄には以下のようにご入力下さい。

「I can't find my new TRIGGER2 license on my iLok account.
Would you deposit it into my iLok account?
Best regard」


入力されたiLok IDやメールアドレスに間違いがなければ数日以内にiLokアカウント内に新しいTRIGGER2ライセンスがデポジットされます。